ヤ行:着物の用語集

矢絣(やがすり)
矢羽根絣、矢筈絣ともいう、弓の羽根に似ている絣柄のこと。
ポピュラーな柄で、粋なイメージを作る。

結城紬(ゆうきつむぎ)
経糸、緯糸ともに真綿から引き出す手紡ぎ糸を用いた、茨城県結城市で産出する、日本を代表する紬織物。 地機で織られた平織のものは重要無形文化財に指定されており、非常にめずらしく、高級品でもある。

裄(ゆき)
背中心から袖先までの長さのこと。

湯通し(ゆどおし)
織物を仕上げる行程の一つで、布を湯に通すことによって、織物についた糊を取り除く工程。

湯のし(ゆのし)
布地を蒸気の中にくぐらせたり湯で湿したりする、織物仕上げ工程の一つ。

このページの先頭へ