タ行:着物の用語集

伊達衿(だてえり)
着物を重ねて着ているように見せるための衿のこと。 重ね衿ともいう。

伊達締め(だてじめ)
着くずれを防ぐために、長襦袢の上、あるいは帯の下などに締める着付け小物の一つ。

反物(たんもの)
着物や帯地、羽織地などの総称。
着尺の一反は幅約37cm、長さ約12m50cmくらいが普通。

縮緬(ちりめん)
左右に強く撚った糸を、交互に織り合わせた絹織物。
撚りの方向が違うため、表面にでこぼことした独特のしぼが出る。
着尺、羽尺、帯地、衿など用途も広い。

対丈(ついたけ)
着物と着丈の長さが同じ仕立て。
長襦袢や男着物は、対丈で着るのが普通。

付け下げ(つけさげ)
すべての文様が上に向くように、仕立てられている着物。
詳しい説明は→付け下げのTPO(用途)

紬(つむぎ)
織りの着物の代表的存在。 紬の種類は豊富で、全国各地に産地が存在する。
詳しい説明は→紬のTPO(用途)

胴裏(どううら)
袷(あわせ)の長着の裏布のこと。

留袖(とめそで)
既婚女性の礼装。絵羽模様で五つ紋が普通。他に色留袖もある。
詳しい説明は→黒留袖のTPO(用途)

このページの先頭へ