サ行:着物の用語集

更紗(さらさ)
インド、ペルシャ、ジャワなどから伝わった染物のこと。
花、動物、人物などが一般的な柄。色は更紗独特の色使いが見られる。
筆や刷毛で染める描き更紗、蝋を用いる蝋纈更紗などがあります。

塩瀬(しおぜ)
羽二重(はぶたえ)のひとつ。塩瀬羽二重。 経緯ともに生糸を使った、厚手の羽二重。
主として帯地によく使用される。 新潟県の五泉地方が代表的な産地である。

下前(したまえ)
着物の前を合わせたとき、下になる右前身頃の名称。

悉皆屋(しっかいや)
着物の手入れに関するあらゆることを請け負う業者。
昔は多く存在したが、今はあまり見かけない。

絞り染(しぼりぞめ)
染めの手法のひとつ。 布の一部を糸でかたく巻くなどして部分的に防染して染液に浸すことで、その部分が染まらず模様としてあらわれる染色技法。 豆絞り、鹿の子絞りは有名。

紗(しゃ)
絹織物の一種。 非常に薄い織物で、透けて見えるのが特徴。
西陣、桐生、五泉などが主産地。盛夏用の着尺地、羽尺地として用いられる。

繻子(しゅす)
繻子織りにした織物のこと。いわゆるサテンと呼ばれる織物。 天正年間(1573~1592)に中国の技法をまねて、西陣で織られたのがはじまりであるといわれている。 非常になめらかであり、独特の光沢がある。

正絹(しょうけん)
本絹(ほんけん)とも呼ばれる。まじりけのない絹糸、もしくはその絹糸で織られた織物。

裾除け(すそよけ)
着物を着る際に身につける和装下着。
長襦袢の裾の汚れを防止し、素材によっては裾さばきもよくなる。

上布(じょうふ)
麻糸で織った軽くて薄い織物のこと。 越後上布・薩摩上布などがある。夏物。

染帯(そめおび)
後染めの帯のこと。一般的に小紋、紬などカジュアルな着物に用いられることが多い。

染着尺(そめきじゃく)
後染めの着尺地。主に小紋、更紗など。

このページの先頭へ