ラ行:着物の用語集

羅(ら)
薄物とも薄絹ともよばれている織物の一つ。
いわゆる夏物系。7月、8月がシーズン。

綸子(りんず)
表面に模様を現した繻子組織でやわらかく美しい光沢があり、振袖や訪問着などに使用されている。 非常に華やかで美しい。

礼装(れいそう)
現在では、冠婚葬祭や宮中の儀礼などに用いるハレの服装全般を指す。
本来は、公式の儀式・祭典などの際に、儀礼、または信仰上の理由から、規定の衣服や装飾品を着用すること。

ろうけつ染め(ろうけつぞめ)
溶かしたろうで布に主に筆などで模様を描いて防染し、蝋がかたまってから染料に浸して染め、染色後、染料の質に合う方法で蝋を落とす染色法。

絽(ろ)
非常に薄い絹織物。 独特の透き間があり、それを絽目とよんでいるが、この絽目が横方向にあるものを横絽といい、縦方向に絽目のあるものを竪絽という。 7月、8月がオンシーズン。

このページの先頭へ