ナ行:着物の用語集

長羽織(ながばおり)
丈の長い羽織。中羽織に対する、本羽織の意味として用いることもあります。

長浜縮緬(ながはまちりめん)
滋賀県長浜地方で織り出される縮緬。略して浜縮緬ともいう。

名古屋帯(なごやおび)
帯の種類のひとつ。胴回りになる部分を半幅に仕立ててある。
名古屋で考案されたので、この名前がついた。

長襦袢(ながじゅばん)
肌襦袢と着物の間に着る襦袢。 袖口のオシャレが着物姿の重要ポイント。
長襦袢ひとつで印象ががらりと変わる。重要アイテムである。

二重太鼓(にじゅうだいこ)
お太鼓の部分が二重になる帯の結び方。主に礼装用に締めるが、普通のお太鼓より格調がある。

このページの先頭へ