カ行:着物の用語集

絣(かすり)
糸を部分的に防染(ぼうせん)して染色し、それをたて糸、よこ糸に使って織り、防染部分で模様をつくる織物、またはその模様のこと。
絣は柄によって複数あり、亀甲絣(きっこうがすり)、十字絣 (じゅうじがすり)などがあり、産地により久留米絣(くるめがすり)、伊予絣(いよがすり)、備後絣 (びんごがすり)などがあります。 緻密な計算が必要な染織の手法。

型染め(かたぞめ)
型紙や染め型を使って模様を染める染色法。 小紋などはほぼ型染めを使用している。
日本の伝統的な染色技法である。

着丈(きたけ)
着物の後ろ中央にある衿の付け根から裾までの丈のこと。

着付け(きつけ)
きものを身に着けること。きもの姿を美しく整えるための行動をいう。

着流し(きながし)
羽織や袴をつけない、男性の略式の着物姿のこと。

絹鳴り(きぬなり)
精練された絹糸や絹織物を握ったり、摩擦したりすると出る音のことをいう。

腰紐(こしひも)
着物の着付けに使うひものひとつです。着物の土台を支える重要な紐。
これがしっかりしていないと着崩れの原因になります。

こはぜ
足袋などの合わせ目を留める留め具。
一般的には足袋の留め金のこと。4枚こはぜ、5枚こはぜなどの種類がある。

小紋(こもん)
普段着。着物全体に柄が入った着物。
用途などは→小紋のTPO(用途)参照

このページの先頭へ