ハ行:着物の用語集

羽織(はおり)
着物の上にはおる、上着の一種。 コートとは違い、室内で着ていてもOK。

博多織(はかたおり)
福岡県博多で生産される帯のこと。
特徴は絹鳴りで締める時などにキュッと音がするのが特徴。女性の単帯、男性の角帯として有名です。

八掛け(はっかけ)
裾まわしともいう。裾や袖口の裏につける布地のこと。
この色使い一つでオシャレ上級者にもなりえるコーディネートの際の重要ポイント。

半幅帯(はんはばおび)
帯幅の半分の幅の女帯。
帯揚げ、帯締めをなどを使わなくてもよく、手軽に締められる帯。

半襟(はんえり)
特に長襦袢の衿にかける掛け衿のこと。色のあるもの、刺繍、ビーズでできた衿などもある。

紅型(びんがた)
沖縄を代表する染めのひとつ。 特徴は色合い。赤、青などの原色系のものが多く、南国特有のデザインが人気。

単衣(ひとえ)
すべてを一重に仕立てた、着物や帯。 6月、9月がシーズン。

振袖(ふりそで)
未婚女性の第一礼装。
詳しくは→振袖のTPO(用途)参照

袋帯(ふくろおび)
振袖、留袖、訪問着などの格式の高い着物に締める帯。

訪問着(ほうもんぎ)
既婚、未婚を問わず着られる準礼装。
詳しくは→訪問着のTPO(用途)参照

このページの先頭へ