ア行:着物の用語集

袷(あわせ)
袷とは裏地がついている着物のことで布を2枚使って仕立てられた着物。
冬でも非常に暖かいです。

アンサンブル(あんさんぶる)
きものと羽織を同じ布地や柄で仕立てたもの。男性物などに多く見られる。

アンティーク着物(あんてぃーくきもの)
大正時代から昭和初期頃にかけてつくられた着物の事。
その時代の独特の柄やデザインが特徴。古着として手頃な価格で入手できる。

洗い張り(あらいはり)
着物を解いてから洗濯する方法の総称。丸洗いに対する語として使用される。

色無地(いろむじ)
黒以外の一色染めの着物。また白生地に単色を染めた着物のことも指す。
用途などは→色無地のTPO(用途)参照。

上前(うわまえ)
着物の前を合せたときに上になる部分の事。左前身頃の名称のこと。

薄物(うすもの)
薄く織った着物のこと。普通、羅(ら)・紗(しや)・絽(ろ)などの着物を指す。
7、8月の夏の一番暑い時期に着る着物ですね。

絵羽模様(えばもよう)
前身頃から後ろ身頃、袖にかけて、絵柄がひとつづきに描かれた文様のこと。
振袖、訪問着、留袖などに使用される。

江戸小紋(えどこもん)
とても細かい文様を型染めにした小紋。
遠くからみると無地に見えるので、色無地と同じように幅広く着用が可能。

御召(おめし)
絹糸にきつくひねりをかけて織られた、シャリッとしている着物。
御召=御召し物という名のとおり高級な着物。将軍様がお召しになっていたことから御召とも呼ばれる。

帯留め(おびどめ)
帯締めにつける飾りのこと。 非常にデザインに凝ったものが多く、ワンポイントのオシャレとして重宝する。

帯締め(おびじめ)
帯がゆるまないように、着物の帯の上に結ぶ紐の事。
着物姿のワンポイントとして非常に奥深いアイテム。

帯板(おびいた)
帯の間に差し込む、薄い板。帯にシワがいきにくくなり非常にきれいに見える。
美しい着姿を作る必需品といってもいい。

帯揚げ(おびあげ)
帯と着物の間に少し見える細長い布。オシャレの重要ポイント。

おはしょり
着物を着るとき、腰まわりで余った身丈を調整する部分のこと。

このページの先頭へ