付け下げ

付け下げの用途の説明です。付け下げは訪問着、色無地の次に格の高い着物で、社交用の着物として使用されます。 訪問着に比べると模様が少く、訪問着ほどの華やかさはありません。

基本的には社交用ではありますが、帯や小物の合わせ方次第で、式事や普段着感覚で着られる着物の中で最も使用範囲の広い着物でもあります。

柄付けも色々な種類があり、時には付け下げ訪問着と呼ばれ、訪問着のように格が高いものから、付け下げ小紋などともいわれる小紋感覚で普段着にも使用できるタイプのものなどその使用範囲は非常に高いです。

最近は婚礼に喪服と付け下げを優先して持っていく方も非常に多いです。 婚礼に付け下げを持っていくのはオススメできます。

用途としては、
披露宴、表彰式、お正月、初釜、パーティ、お茶席、普段着など

コーディネートのアドバイス
どのようなシーンに着ていくかでずいぶんとコーディネートが変わります。 それが付け下げの真骨頂です。式事など格の高い場所に着ていく場合は、半衿は白などシンプルな物。

普段着感覚で着る場合は好きなものでかまいません。帯も格の高い場所なら金糸、銀糸系の華やかなもの、遊び着感覚なら名古屋帯でもかまいませんし、好きなものを選べばよいでしょう。 出かける場所によってあなたのセンスを自由に発揮してください。

このページの先頭へ