喪服

喪服の用途の説明です。
不祝儀における正装です。 一般的にお葬式できることが多いと思われます。

喪服の紋は実家か婚家のどちらかの紋を付けます。
どちらをつけるかはその地域の習慣によりますが、最近はどちらでもよいという場合も多いです。

喪服は婚礼の準備にも必ず必要だといわれる着物の一つです。 婚礼前のお嬢様がいる場合、最低でも喪服は準備していた方がいいと思います。 婚礼に必須の着物です。

用途としては、
葬儀、告別式、通夜など。
地域によっては喪服を着なくてもいいという場合もあるそうです。
地域の習慣をしっかりとチェックしておきましょう。

コーディネートのアドバイス
喪服に関しては特にコーディネートはありません。小物などは大体喪服用の小物セットなどが売られていると思いますので、それを使用すればよいでしょう。

このページの先頭へ