小紋

小紋の用途の説明です。
小紋の柄の特徴は簡単に言えば、全体の模様が同じパターンになったものです。
小紋はお洒落着、普段着として使用する着物です。ですので基本的には紋は必要ありません。

但し、江戸小紋は紋を入れる場合があります(紋を入れた場合、無地として使用可能)。 小紋は普段着として使用する着物で、着物通な方に非常に人気が高い着物です。

用途としては、
初詣、クラス会、同窓会、誕生日会、観劇、お稽古、ショッピングなど
格の高い場所でなければどこでも使用できます。

コーディネートのアドバイス
ぶっちゃけた話、コーディネートに特に決まりはありません。
あなたのセンスが問われる着物であり、自由が利く着物です。
あなたのセンス次第でオシャレにも、粋にも、上品にも着ることができます。

このページの先頭へ