訪問着

訪問着の用途の説明です。
訪問着は既婚、未婚の女性関係なく着用できる準礼装の着物です。
模様は広げると一幅の絵になるような絵羽模様になっています。

模様のバリエーションとしては刺繍、箔置があって振袖についで華やかな着物になります。
格が高い社交着になります。

用途としては、
結婚式、披露宴、表彰式、パーティ、見合い、結納、茶会などに使用します。

コーディネートのアドバイス
半衿は基本的には白が一般的。特に格式の高い所にきていく時は白をオススメします。
パーティーなど少しくだけた場所であれば、刺繍のはいった半衿などもオススメ。

帯は基本は袋帯。華やかな金糸、銀糸系や綴などもいいと思います。
長襦袢は着物の色よりも薄めの色をもってくると上品に決まります。
帯締めは平組の物を。帯揚げは薄めの色がいいと思います。

このページの先頭へ