成人式に振袖で

成人式の日に振袖を着て式に参加しました。着なれない振袖はスースーして歩きづらかったのですが、しばらくするとなれてきて逆にフリーな感じでとても居心地のいい気がしてきました。何物にも縛られていない自由な感じが気分的にも楽しくなってきました。

最初は道行く人が、じろじろと見ているのが気になりましたが、着物になれるにつけ余裕ができ全く気にならなくなりました。見る人たちの窮屈な格好がおもしろくに思えてきたくらいです。そして思ったのが姿勢の良さです。

歩くときに常にからだの芯を意識するので自然と背筋がのびてきます。外観が変わると精神的にかわるといいますが、着物の場合の精神的な変化は画期的です。現代社会に突如として現れた江戸時代のイキな和歌集のような気がしてとても優越感にひたれます。

ぜひ着物でお出かけすることをおすすめします。ポーチとかバックをもってはいけません。財布やお金は懐に入れるのが基本です。お金を払うときは、懐に手をいれてじゃらじゅらと小銭をとりだしましょう。こういうのも気持ちがいいものです。

さーや 40代

このページの先頭へ