振袖の高揚感

「成人式」のとき、人生で初めて着物(振袖)を着ました。1月ですからとても寒いはずなのですが、着物が思いのほか温かいのに驚いた思い出があります。両親はとても喜んでくれました。父は若い頃写真が趣味だったらしく、私の成人式に向けて一眼レフを新しく購入するという意気込みぶりでした。

さすがにはりきりすぎじゃあ・・・とは思って当時はかなり照れくさかったですが、今ではいい思い出になりつつあります。 着付けのときは2人ががりでやってもらったのですが、身の回りのことを他人にやってもらうことってあまりないので、自分がモデルか、お姫様になったような気分で、味わったことのない高揚感がありました。

自分自身ではそういう浮かれるタイプではないと思っていたのですが、自分の中にも女の子の部分があったみたいです。 自宅に帰ってからも、同じマンションのおばさんに「きれいねえ」と声をかけてもらったりしました。 着物は着る本人にも、周りの人にも幸せを運んでくれる。そんな風に思いました。"

クリープ、20代

このページの先頭へ