袴を来ての卒業式

着物を着て出かけたことは何度かあるのですが、そのほとんどが振袖でした。ただ、短大の卒業式には袴姿で出席しました。 ずっと短大の卒業式は袴姿で出席したいと思っていたので 当日はすごく嬉しくわくわくしていました。

もちろん髪もハーフアップにして、足は草履ではなく編み上げのブーツで のぞみました。周りの友達も袴姿が多かったので卒業式会場はほんとに華やかな雰囲気だったなぁと今振り返っても思います。 普段は洋服で颯爽と歩く場合が多いですが、着物を着ることによって 普段の歩き方とは異なり皆お淑やかになっていたのもすごく印象深いです。

卒業式の後は、皆で記念撮影をしました。着物はいくつになっても着れる ものですが、袴は20歳前後にしか着れないと思うのでその姿を写真に残せたのもすごく良かったです。 また、行きも帰りも電車に乗ったのですが、皆が「袴姿だ」という事で 注目されたのもなんだか恥ずかしいやら嬉しいやらという変な気持ちが入り混じっていたように思います。

駅で電車を降りてから自宅まではタクシーを利用したのですが、その時の運転手さんがすごく袴姿に反応してくれて、「卒業式だったんだね。おめでとう」と言ってくれました。

そして家の近くで降りようとお金を準備してたら、タクシー料金をなんとおまけしてくれたのです。 「卒業祝いだからねっ」って!!ほんとびっくりした出来事でした。 今も深く印象に残っている思い出です。 そんな運転手さんに巡り合わせたのも袴姿だったからかもしれませんね(笑)

ひじり 30代

このページの先頭へ