虫干し:着物のお手入れ・保管

着物のお手入れでよく虫干ししましょうとありますが、ここでまずその目的を確認しておきましょう。 虫干しの目的としては、

  1. 風邪を通すことで湿気を取り除く
  2. 害虫などを取り除く
  3. 着物の点検

主にこの3点を目的として虫干しをします。
次に着物の虫干しをする時期ですが、

  • 7月下旬~8月下旬
  • 10月下旬~11月下旬
  • 1月下旬~2月下旬

が虫干しの時期です。続いて干し方ですが、晴天が2日以上続いた時のAM10:00~PM3:00の間、晴天が2日以上続いたというのがポイントです。

風通しが良くて、陽があたらない場所に、着物ハンガーなどに着物を一枚ずつ裏返して掛ける。(裏返しがポイント)たとう紙も太陽にあてて良く干します。(交換するのもオススメです)
タンスも開けたままにしておき、半日くらい空気を入れ換えます。
そして、しまう時は防湿剤や防虫剤を取り替えると完璧ですね。

もしたとう紙、防湿剤、防虫剤が必要であれば
お気に入りがきっと見つかる!京都きもの市場
をおすすめします。ネットで購入すると店舗で購入するより安い場合が多いです。
ここは以前勤めていたお店よりも安いので私としてはオススメします。
もし足りないものがあれば、まとめ買いしておくのもいいですね。

そして虫干し後、着物を点検します。もしシミ、カビなどがある場合はできるだけ早く、専門店などにもっていきましょう。 そのまま置いておくと取れなくなるかもしれません。
以上で虫干しは終了です。

着物の虫干しは最低1年に1回はすることをオススメします。
現代の家は昔の家と比べて密閉度が高く、湿気がこもりやすい構造になっています。
着物にとって湿気は大敵です。湿気はカビを生みますのでご注意ください。
着物にとってカビほど最悪な事はないです。カビが生えてしまったままほっておくと、おそらくとれません。なんどもいいますが、絶対に虫干しは行ってください。

このページの先頭へ