保管方法:着物のお手入れ・保管

着物や帯は一枚ずつたとう紙などの着物保管グッズにつつんでからタンスなどにいれます。 たまにある話なのですが、クリーニングから帰ってきたあと、ビニール袋、ポリ袋などに入れたまま保管してしまったという話があります。 これは絶対にいけません。ありえません。やってしまっている方はすぐやめましょう。

なぜかというと、着物にとって一番の敵は湿気です。
ビニールなどは湿気を密封することになりますので着物にとっては最悪です。
また保存の際は着物と一緒に輪ゴムなどを入れないでください。これも最悪です。

なぜかというと、着物によっては、刺繍や金彩加工に銀(箔,スリット糸など)材料で加工したものや真ちゅう粉で加工したものがあります。 銀や真ちゅうは硫黄と反応して異変しますので、よく数年後に着ようと思ったら色が変色していたなんて事があります。ゴム系は一緒に入れるのはやめましょう。

保管場所は桐タンスがベスト。なぜかというと、桐は虫などを寄せ付けにくく、湿気対策にも優れた効用があるからです。 湿気で大事な着物にカビが発生する場合も考えて、家に桐タンスがある場合はそこに保存すればよいと思います。

もっていないという方は通常のタンスでもかまいません。 ちなみにタンスと壁の間には少し間を開け、風通しをよくするのもポイントです。

タンスの中には除湿剤をいれこまめに交換するようにしてください。 普通、湿気が少ない状態であれば、カビなどは発生しないはずです。 もちろん除湿剤は着物に触れないようにしてください。

着物に悪影響を与える可能性があります。 ウコンの衣装包みなど、防虫、防湿効果の高いものなどが色々売られていますので、購入することをお勧めします。

値段も千円前後と良心的です。高級な着物を守るのであれば安いものだと私は考えます。お手持ちの着物の数を考えて、まとめ買いをしておくと楽でしょう。

もし必要であれば
お気に入りがきっと見つかる!京都きもの市場
をオススメします。私が以前勤めていたお店よりも安いです。(笑)
ネットは人件費や家賃がかからないのでやっぱり安いですね。

着物の保管方法は以上です。 基本は一枚一枚たとう紙に入れる。 黄ばみが気になりだしたらたとう紙はたまに交換するのをオススメします。 とにかく湿気を防ぐ。除湿剤などの適度な交換。3、4ヶ月に一度を目安に。

これが基本です。これがきっちりとできていれば、あなたの着物は健全に保管できているといえます。逆にできてない場合は考えられた方がいいと思います。

このページの先頭へ