着物の用途:振袖


着物のTPO、着物の用語集など初心者、上級者問わず楽しめるサイト

振袖の用途の説明です。 着物の中でも最も華やかな振袖は未婚女性の第一礼装です。 振袖には大振袖(袖丈3尺3寸)、振袖(袖丈3尺)、中振袖(袖丈2尺4寸〜2尺8寸)、小振袖(袖丈2尺〜2尺3寸)があり袖丈が長いほど格が高くなります。

柄は広げると一枚の絵になるような絵羽模様になっています。 同じ絵羽模様の訪問着などと比べても華やかなのが基本です。 最近は無地の振袖や非常にシンプルで粋なデザインなどもあります。

用途としては、 花嫁衣裳、お色直し、成人式、謝恩会、新年会、披露宴、初釜、茶会、気軽なパーティーなどがあります。

コーディネートのアドバイス
重要ポイントである半衿は白か刺繍衿あたりですっきりさせる事をオススメします。 パーティーなどですと、ビーズなどの衿を使用するのもかわいいと思います。 長襦袢はお手持ちの振袖にあわせた色の無地、もしくはぼかしがオススメです。 帯揚げは総絞りが基本です。

重ね衿は数色はいった華やかな物などが多いですね。 重ね衿に濃い色をもってくるとスカッとしてかなりかっこよくきまります。 この辺は振袖のデザインと相談してみてください。

帯は基本的には格が高く豪華な金糸、銀糸などが織り込まれたもの。 このタイプだと、おそらくどんなデザインにも合うでしょう。 帯締めも金系だとあわせやすい。濃い色をもってくるのもいいと思います。

いずれにせよ、現在のコーディネートに関してはそこまで昔のしきたりに従う必要はないと思います。お嬢様の好みで選ぶといいでしょう。


着物ファンTOP
看護師の転職サイト比較ランキング
(C) 着物・ファン